砂防技術で未来を創る

砂防調査

土砂災害は、シミュレーション技術の発展により再現性が高まりつつありますが、机上調査だけでは、被災要因等の究明を完全に把握することは困難です。私どもは、既存資料等より地形・地質特徴やこれまでの土砂災害実績を整理したうえで、現地調査により現地の被災痕跡等を確認することで、被災メカニズム等砂防設備計画、設計に必要な基礎資料のとりまとめ及び技術指導を実施しています。

砂防設備計画・設計

机上調査、現地調査で整理した被災メカニズムや事業目的、計画諸元に基づき、砂防基本計画、砂防設備配置計画及び砂防設備設計を行います。計画、設計を行う際には適用する技術基準や基準値を整理したチェックポイント(シート)により現行基準との適合性がわかる計画設計根拠資料のとりまとめ及び技術指導を実施しています。

3Dモデル作成

吉留砂防設計事務所は、土砂災害対策分野(砂防)で利活用しやすい一元化した3Dモデルを作成することで他社との差別化を図り、調査から施工まで一手に3Dモデルが作成できる体制を構築することを目的に事業化を進めています。


業務実績


工事用道路設置困難箇所の砂防堰堤補修工法の立案及び補修詳細設計

急峻な火山砂防渓流に設置された砂防堰堤の補修計画において、法規制、用地制約により工事用道路の設置が困難なため、重機、資材搬入ルート確保が課題となりました。そこで、ケーブルクレーン案と積載重量が4tまで可能となった大型モノレール設置案との比較検討を行い、大型モノレールによる施工計画案を採用しました。

LPデータを活用した砂防事業建設建設発生土の受け入れ候補地の検討

急峻な山岳集落の砂防事業においては、建設発生土受け入れ地確保が課題の一つに挙げられます。そこで、流域を網羅したLPデータを活用し、一定の建設発生土量の存置が可能な土地の範囲をGISによるメッシュデータスクリーニングと現地調査に基づき、最適地の検討を行いました。

人家等保全対象に直近した土石流常襲渓流の渓流保全工計画

活火山を流下する土石流常襲渓流において、土石流を安全に流下させるための渓流保全工を計画するにあたり、保全対象人家に直近し、自然公園区域等の法規制等を考慮した渓流保全工ルート選定が課題となりました。そこで、これまで過去に実施された本渓流の渓流保全工検討成果とこれまでの技術基準を整理し、最適なルート案の比較検討を行いました。

桜島コンクリート堰堤における、摩耗と修繕の実態

「砂防関連施設の長寿命化計画策定ガイドライン(案)」の公表に伴い、砂防施設の長寿命化の展開が行われていますが、修繕開始時の目安となる管理基準や修繕サイクルなど明確に設定されていません。このような実状を踏まえ,桜島島内の野尻川の砂防施設を対象に、修繕開始の目安設定を目的とした調査・検討を行いました。

(平成27年度砂防学会研究発表会発表 自主研究)